スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が咲夜嬢の出番をあまり求めない理由

FCやってる最中に感じていた事なのですが、
私と他の咲夜嬢ファンとでは

咲夜嬢の出番に対する感覚が
全く違っているような気がしていました。


咲夜嬢はご存知の通り、
登場も活躍もあまりないキャラクターなので、
ファンの多くがさらなる出番を求めている雰囲気ですよね。
私も咲夜嬢ファンになり立ての頃はそんな感じでした。

なので、そういった方々の気持ちも良くわかります。
しかしながら、ある時期から私は咲夜嬢の出番を求める
という感覚が全く無くなってしまいました。






それは単に咲夜嬢に対する熱が冷めた
というわけではないのですが、
ある意味そうなのかもしれません。

何故そういう感覚になってしまったのかというと、

自分の中で愛沢咲夜というキャラクターを

自分の都合の良いように

アレンジしてしまったからです


そのため、原作で咲夜嬢が登場したりしても、
自分の中でアレンジした咲夜嬢に比べて
見劣りしてしまう状態になってしまったのです。

要は、脳内の咲夜嬢>原作の咲夜嬢って感じですね。

原作に登場する咲夜嬢ももちろん可愛く見えてます。
ていうか、咲夜嬢以外のキャラクターが見てらんないほど
私の目には可愛く映っています。

しかしながら、私の脳内でアレンジした咲夜嬢は
私の都合の良い性格に成長させていますので、
そりゃあもう言葉では表現しきれないぐらい
可愛すぎて可愛すぎてタマラナイのです!

そして普段、私がどっちの咲夜嬢をよく見てるかというと、
原作を読むよりも、脳内で妄想する時間の方が
圧倒的に長いわけですから、
「私の脳内でアレンジした咲夜嬢=私にとっての愛沢咲夜」
という感じで脳内がインプットしちゃったのです。

こうなってくると、原作で咲夜嬢が出てきても
脳内アレンジした咲夜嬢に比べると見劣りするので、
「あれ、咲夜嬢ってこんなもんだっけ?」
と思ってしまうようになって、
以前のような萌え狂った感想を書くのも
かなり苦労するようになってしまいました。

結果、咲夜嬢が出てきても萌え上がるどころか、
逆に自分の中で確立させている咲夜嬢の理想が
崩されていく感じにもなってしまうので、
あまり出番はない方が良い
と思うようになってしまったのです。

ていうかー

最近の原作の咲夜嬢は大人しすぎるんだよね

もちろん最近よく見る女の子らしい咲夜嬢も
咲夜嬢の性格の一つなのでしょうが、
もうちっと初期の頃のような明るく活発な
いかにも関西弁キャラな女の子に戻って欲しいなって思います。

まあ、そういう時はアニメ1期のDVDを見たら
「あ、これが咲夜嬢だよな」って思えるので、
私はアニメ1期を今では凄く評価するようになったのですがね。


そんなわけで、FCやってた頃では公に書きませんでしたが、
以上の理由から、私は咲夜嬢の出番をあまり求めていない
というお話でした。

咲夜嬢の出番を欲するなら、

脳内で補完するか、絵を描くんだ!




コメント

まあ最近のサクヤは出るたびにころころキャラが変わってなんかイマイチな気もするね

最初は一人称ワシだったし随分変わった

NO TITLE

>>名無しさん
そうなんですよねー
いろんな面が見られるのは良いのですが、
キャラクターとしての一貫性が無くなってるのは正直残念です。
その点では、ツッコミ役に徹していたアニメ1期を私は高く評価しています。

NO TITLE

私も同じような悩みがあったところです。
(原作の絵より同人の絵に萌えちゃったりとか……)
でも、なんだかんだ言いつつも好きなキャラの出番が来ると嬉しいもので
また燃え上がっちゃって、そして後で「何であんなに燃えていたんだろう…」
↑以下無限ループ↑
というようなサイクルが自分の中であります…
好感度はすぐ上がったり下がったりするものですから、
take23さんも無理にそれをMAX状態を維持することもないのでは?
適当にガス抜きしつつ、上がり下がりする好感度に
身を任せていれば良いと思います(^^)
ちょうど、「咲夜ファンと言えばtake23!」というプレッシャーを
先ほど取っ払って、MAXを維持する必要が無くなったところですし。

長文失礼しました(><);
take23さんのイラスト、密かに楽しみにしています♪

NO TITLE

>>栗柚クリューさん
原作よりも同人の方が…というのはありますよね。
私も他のキャラクターでそういう状態になっていた時がありました。

咲夜嬢の好感度に関しては、
以前のようなMAX状態ではないにせよ
常に高い次元で一定レベルを保てているのですが、
最近は「咲夜嬢でこれを描きたい!」って
思い浮かぶものが無くなりつつあるので、
イラストの更新も止まっちゃってる感じですね(汗

楽しみにして下さってありがとうございます!

NO TITLE

咲夜さんの性格は本来は今のように大人しいんだけど、
お姉さん気質から、周りの人間に気をつかって最初のような性格をしていたように思います。
そこにハヤテが入ってきて自分の周りの人達が少しずつ成長し始めてきて、自分も頼りになって甘えられる相手が出来たから、
周囲に元気を振りまく必要もなく大人しくできるようになって、今を普通に楽しむ事が出来るようになったんだと思います。
まとめると、これまでのお姉さんという「役割」から、自分の居たい所「願望」に変わっていった用に見えます。
私は咲夜さんの性格が変わっていっても、何でこうなるのかなって考えようと思っています。
そうすれば、キャラに対しても理解が深まると考えています。

NO TITLE

>>ももがんさん
なるほど…目からウロコが出そうなコメントをありがとうございます。

大人しい咲夜嬢、活発な咲夜嬢、どちらが本当の咲夜嬢なのかは
咲夜嬢本人にしかわからないことですよね。
(作者の畑先生ですらまだキャラ付けに迷っていそうですし…)
それをこっちが「咲夜嬢はこうだ!」と
勝手にイメージ付けするのは良くなかったですね。

ただ、あくまでも私の理想のタイプは明るくて元気な女の子なので、
これからもそういった理想を咲夜嬢に求めてしまうことにはなりそうです。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

take23

Author:take23

こちらでの更新は停止しました。日記はココログにてやっております。

ハヤテのごとく!感想サイト
ニュース・情報サイト
イラストサイト
アニメ感想サイト
ブログ内検索

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。