スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回 週間ハヤテを語ろう!~ベガス編の総評~

ゴールデンウィーク編に入ったことで、
話としても続きモノが多くなり、
毎週話題が似通ってしまいそうだったので、
今回から1つの話が一段落してからやる事にしました。

そのため、次回はヒナギクや西沢さん中心の
ギリシャ編が終わってから行なう事になると思います。
(もしもギリシャ編へ移行しなかったらその時考えます)

さて、今週まで続いたラスベガス編は
咲夜嬢とサキさんが出てきたので
私と眞華さん+ゲストの方の3人で行なうつもりでしたが、
眞華さんが都合により参加できなかったため、
以下の3人でラスベガス編を振り返ってみることにしました。

【ゲスト1】時止座磨小さん(MADroMIST)
       咲夜嬢スキーなので呼びました。

【ゲスト2】奥さん(~器用貧乏人宝~)
       咲夜嬢スキーなので呼びました。

【当番】take23(サクラ咲く夜に)
     咲夜嬢スキーなので当番になりました。







take:つーことで、この3人で始める
奥  :こんばんはー
時止:こんばんわ~
take:べガス編は咲夜のためにあったということで、この3人にしたべ
時止:完全にそんなメンツですね。
take:うん
take:けど、一応全体にも触れて行きます
take:そんなわけで始めたいと思いますのでよろしくお願いしまーす
奥  :よろしくですー
時止:よろしくです♪
take:じゃあまずは今週の話から触れて行きたいと思います
時止:はいっ
奥  :了解です




・サキさんVSワタル母の勝負の決着について

take:ワタルの母親の名前って何だっけ?
奥  :美琴ですね
take:あー
時止:忘れてますねw
奥  :超電磁砲じゃない方の!
時止:ミサカさん自重っ
take:ギャンブルの腕が美琴だねって感じか
奥  :…
時止:咲夜以外目に入ってないのがバレバレですね(笑
take:脳が咲夜の事しか記憶しないもんでね…
take:で、今回で対決が決着したわけだけど、意外とあっさりというか
時止:たしかに、もう少し苦戦するかと思いましたが
take:前回まで蚊帳の外だったワタルが最後に存在感を見せたなー
   って感じだったね

奥  :勝負自体にはあまり意味が無かったので良いのではないでしょうか?
take:結局、今回のべガス編は勝負よりもワタル母の顔見せって感じだったのかな?
時止:なんだか、紫子さんの過去にもつながる部分が見えましたが…
時止:これは今は気にしないことにしてます
奥  :サキさんルートをほぼ確定させるための話にも思えますが
時止:やっぱりサキさんルートなのかぁ
take:確かにサキさんで固まった感じもするなー
奥  :2週前に母親でも無く伊澄さんでもなくサキさんと居る事を望みましたからね。
take:やっぱり長く一緒に住んでる分、いざとなった時はサキさんと
   って思いが強いんだろうねー

奥  :離れそうになって判る大切さってやつですね。
奥  :伊澄さんルートは…ワタルが一方的に憧れているだけでは
   一緒にはなれませんよね、対等の立場で無いと。

take:お前はあーみんか!
奥  :ばれたか!
奥  :でもまあ、応用の聞く話ですよ!
take:まあねー
take:てことは俺たち三人も咲夜とは…
奥  :/(^o^)\
時止:ナンテコッタイ
take:鬱になりそうなので次のテーマに行くべか
時止:あいあいさー
奥  :りょうかいですー☆




・ハヤテ兄…もといナギ父について

奥  :やだなぁ。あんなにハヤテそっくりな人間が、まさか本当に
   ハヤテの兄な訳ないじゃないですか、他人の空似ですよ?

take:畑先生が描き分け出来ないだけだよねー
時止:考えたくないーーー(笑
take:でも、ハヤテの兄って黒髪だったよ(今、18巻見た)
take:なのになんでハヤテ兄って思ったブロガーが多いんだろうか
奥  :あ、本当だ黒いや(18巻チラ見)
時止:ハヤテにそっくりですもんね~
take:でしょ(もう一度18巻チラ見)
奥  :ハヤテ父の兄弟という戦も考えられそうかな?
take:どっかのサイトでタイムスリップしたハヤテとか書いてあったけど
take:でも畑先生が「ハヤテじゃない」って書いてるんだから、
   ハヤテじゃないんだろうなー

奥  :タイムスリップは前例ありますからねぇ。
take:あったっけ?
時止:ミコノス編で…
奥  :ミコノスの番外編ですよー
take:あー!
take:思い出した
take:やべえ…ホント記憶が飛びすぎだわ
時止:あの話は咲夜が出てませんでしたからね
take:じゃあ可能性は無くもないか
take:でも畑先生がハヤテじゃないって言ってるから(ry
奥  :でも、ナギとハヤテになんらかの血縁関係がありそうな予感はしてきました
take:それは確かに
時止:思いますね~
take:じゃあ世に出てるハヤテ系のエロ二次創作は近親相姦モノばっかか
時止:ギリギリセーフなくらいの遠い親戚だと信じたい!
奥  :帝がハヤテにあの石を渡したのも、ゆっきゅんを奪っていった男に
   似ているからかな?とか思ったり

時止:ジジィ…!
take:だったら一目見た瞬間にもう少し何らかのリアクションがあっても
   良かったと思うけどね

奥  :狸じじいですからw
take:帝は何考えてんのかよくわからんねー
奥  :ゆっきゅんの復活?が目的っぽいですけど。
take:フレシア・テスタロッサと同じか
時止:そういえばそんな描写がありましたね~
take:じゃあ飛行石はジュエルシードだな
奥  :ネタがわかんない><
take:なのは見たことねえのかよ!
奥  :ねぇよ!
take:今すぐ2期を見るんだ!
時止:エルリック兄弟の人体練成を先に思い浮かべました
時止:なのはは見ましたけどね
時止:A’s大好きです!
奥  :あの宝玉は賢者の石ですか
take:あーでもジュエルシードは1期だった
take:まあ、1期はウンコだから2期からでいいよ。はやて出てないし。
時止:えー!1期も同じくらい好きですよ!
take:さて、脱線もほどほどにして元に戻すか
時止:はい
奥  :りょうかいー☆
take:とりあえずゆっきゅんはこれからも回想シーンとかでポツポツ
   出てきそうな感じだし

take:それでナギ父の存在も徐々に明かされて行くのかなー
奥  :それっぽくまとめた!
take:あーそれと
take:ワタル母もナギ母も出したんだから咲夜ママも出そうぜ!って思った
奥  :ああそういえば出てないですよね~
時止:たしかに!!
take:どこかで生きていると信じたいです
奥  :まず間違いなくツッコミ系の人でしょうね
時止:うぉおおおおおお!!!!それなら是非ともお目にかかりたい!!!!
奥  :お義母さーん!
take:↑はスルーで
take:じゃないとあのオヤジに誰がつっこんでたんだろって感じだよね
奥  :まあ、あのオヤジがつっこんで咲夜嬢が生まれたんですけどね
take:…。
時止:ぶっ
時止:お茶吹いた!
take:奥さんが空気を変えたところで次のテーマに行こうかね




・べガス編ではどこが一番見どころだった?

take:こっからはべガス編全体ってことで
奥  :咲夜嬢のバニー(ry
時止:↑に同じく
take:なんだ、3人一緒だったら語る事がないな
奥  :メンバーが悪いw
take:しかしまさか本当にバニー姿になるとはねぇ…
時止:しかし、負けると破れる仕様は、「だめーーーっ!」と思いましたけどねw
take:咲夜がべガスに行こうってワタルに持ちかけた時はオマケ程度
   しかやらないだろうって思ってたからなー

奥  :嘘だと言ってよバーニィ!
奥  :非常に嬉しいサプライズでしたね。
時止:咲夜ファンの増加は無視できないことだったんですかね
take:この前、単行本18巻の感想を書くときに
take:収録回の感想どんなの書いてたっけなーって見てみたら
take:http://sakuya0403.blog113.fc2.com/blog-entry-539.html
take:何でべガスでこれしか思い浮かばなかったのだろうって思った
奥  :>咲夜嬢のバニーガール姿が見てえええ!!!
奥  :的中w
時止:何か受信したんですね?!
take:自分でもビックリしたわ
take:まあ、咲夜のバニーの件に関してはいろいろ反省するところが
   あるので、次の話題に…





・べガス編でサキさんとの絆が強まった感じだけど、
 結局ワタルは誰とくっつけばいいと思う?


奥  :サキさんで
take:理由もよろしく↓
奥  :あれだけ一途に思い続けているサキさんを泣かせるとか絶対に
   許されざるよ!

時止:伊澄さん。理由は…ワタルが惚れた相手なんだから、
   振り向いてくれるまでアタックすべし!

take:世の中そう簡単に片想いが結ばれればどれだけ幸せで溢れてる事やら…
take:これまでは想いのベクトルがサキさん→ワタル→伊澄になってるけど
take:伊澄→ワタルになる事は正直、可能性はほぼゼロだと思うから
take:ワタル→サキさんになっちゃえば簡単な話ではあるよね
時止:うわーん
奥  :よほどの事が無い限り伊澄さんがワタルに振り向く事は
   無いでしょうね…

take:咲夜→嫁、サキさん→メイドというのもアリといえばアリ
奥  :ないない、それはない
take:えー
奥  :物語としてはまだまだ序盤の様ですから、ワタルを巡る関係も
   今後変わっていく可能性も大いにありますよね

時止:まぁ、ここまで来ちゃったらサキさんでしょうね~ 1周目は!!
take:まあ、今回でサキさんにだいぶ傾きつつはあるけどねー
take:しかし、同じ咲夜好きなのにワタルの相手の話になるとこんだけ
   意見が分かれるとはな…

奥  :シスター派がいないのは(ry
take:風車さんが居れば!
時止:むしろ、サキさんの想像にシスターが居たことが驚きでした
奥  :ですねぇw
take:シスターがサキさんに一番ライバル心むき出しだったじゃん
奥  :百何十話ぶりの登場でしたね
take:同年代で同じメガネっ娘だし、一番ライバルとして見やすいんじゃないだろうか
時止:なるほど、登場回数は少なくてもサキさんに対する牽制は
   利いてたんですね

take:俺はむしろちゃんと咲夜が入ってた事に驚いたよ
take:サキさんが咲夜でそんなに不安がる描写があったっけ?
   って思ったんだけど

時止:描写は皆無でしたが…奥底にはあったんですね~
奥  :サキさんならワタルが飛び級できた経緯も知っているでしょうし、
   十分ありえるのでは?

take:なるほど
take:べガス編の過程で、咲夜とワタルの絡みが随分と見られたけど
take:それより前だと二人が会ってるのってヒナ祭りと誕生日だけなんだよな
奥  :そーなのかー!
take:だよー
take:他だと暫定最終回その2の時に電話越しで喋ってるぐらいかな
take:だから意外と咲夜とワタルって会ってないのよ
時止:言われてみれば…!
take:なのでまだこれから二人の関係が膨らむ可能性は大いにある
時止:サクとワタルの絡みは眼中になかったです
奥  :同じく
take:ひでえ…
時止:そうか、これからかぁー
時止:いや、ワタルが出たら伊澄さん!って脳だったので
take:サキさんはともかく、伊澄よりは咲夜の方がワタルにお似合いだろう
奥  :酷いw
奥  :咲夜とくっついたらどう考えてもカカア天下になりますね。
take:ワタルは尻に敷かれた方がいいよ
時止:生々しいなぁ
take:経営者は家庭では妻の部下になるぐらいがちょうどいい
take:伊澄相手だと、仕事とプライベートの両立が難しそう
奥  :まあ、今の時点でそこまで考える必要性は(ry
take:俺もちょっと行きすぎだと思った
take:なのでこの話題はこのへんでやめとくか
奥  :あいあいさー!
時止:いぇっさー
take:じゃあ最後のテーマ行くかねー




・べガス編の全体的な感想というか印象

take:俺はワタルの母親を出したかっただけなのかなーと思ったり
時止:サキさんとワタルの距離をグッと近づけるイベント
   裏で咲夜のサービス尽くし!

奥  :咲夜かわいいよ咲夜(;´Д`)ハァハァ
take:俺はぶっちゃけ咲夜居なくても良かったんじゃねえ?
   って思ったんだけど

take:ファンにあるまじき発言だね!
時止:そんなことしたら、ただ2人がイチャイチャするだけになっちゃう!
奥  :それはそれで!
take:そんな二人の蜜月にワタル母が水を差すって話でも十分成立するよ
時止:まぁ、咲夜が居たおかげでワタルのお母さんの登場が
   重要じゃないように思えましたけど(笑

take:そうなのか?
時止:そっちにばっかり目が行って…
take:ファンだからどうしても偏った目線になるけど
take:冷静に振り返ってみるとやっぱり咲夜が一緒に居る必要性を
   あまり感じなかったのが俺の印象

奥  :ソレを言うなら、今回のイベントはわざわざベガスまで来てやる
   イベントでも無かったというのが私の印象

時止:まぁ、ストーリー的にはそうですがね~
時止:大型連休だからみんなでお出かけ、良いじゃないか!
時止:と思ってました
take:でも、ワタルの母親がギャンブラーだったらやっぱべガスが
   最適だったんじゃないかな

take:なので場所はOKと思った
奥  :なるほどなるほど、それもそうですね。
take:俺がこう言ったのも、咲夜もせっかく一緒に付いて行くんだから、
   何かしら重要な絡みがあると思ったのよね

take:それに期待していた分、ストーリーにかかわる部分ではほとんど
   何もなかったからちょっとガッカリした

奥  :そういう見方もあるか。
take:結局のところ「お色気要因」扱いで終わってしまったのが
   ホント残念だよ

時止:たしかに。その扱いはちょっと・・・・って思いました
時止:あと、実を言えばバニー姿の咲夜には、強気な顔で誘惑してほしかった
take:最近の畑先生は赤面させれば受けがイイだろうって感じが見える
take:ナギとかヒナギクは元からそんなキャラクターだからいいけど
take:マリアやら咲夜はそれを強調させすぎて、初期のイメージとは違う
   キャラクターになっちゃってるね

take:まあ、それでも世の男性にとっては赤面の方が強力なんだろうなー
奥  :私も大好物であります。
時止:僕も赤面にはクラっときましたけどね!(畑センセーの思惑通り!
時止:でも咲夜は強気な面ももっと見たい!
奥  :その思惑にあえて乗ってやる!
take:でも原作だともう強気な咲夜は見られない予感…
take:アニメ2期に期待!
奥  :ぇー!
take:とまあ、こんな感じで司会者が意見をバラバラにしたところで
   終了したいと思いまーす

take:今日はお疲れ様でした!
時止:なんという終わり方!
時止:お疲れ様でした~
take:まとめる必要なんてないでしょ
奥  :お招きいただきありがとうございましたー
時止:楽しかったです☆




ベガス編はワタルとサキさんの二人が中心ではありましたが、
3人とも咲夜嬢ファンだったので、
全体の事に触れていこうとしつつも、
やっぱり話題は咲夜嬢の事に偏ってしまいましたね…

ただ、ストーリーの重要な部分には関わらなくとも、
咲夜嬢の存在感は出ていた話ではあったので、
その点は凄く良かったと思います。


次回はギリシャ編全体の感想ということになりますので、
まだゲスト登録の無いヒナギクや西沢さん、
あるいは生徒会3人娘のファンの方をお待ちしております。

【ゲスト募集中】
雑談企画の参加者を募集します


コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

take23

Author:take23

こちらでの更新は停止しました。日記はココログにてやっております。

ハヤテのごとく!感想サイト
ニュース・情報サイト
イラストサイト
アニメ感想サイト
ブログ内検索

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。