スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TORANOKOさんの本をようやく購入できました

2ヶ月ほど前に行われたしつとら2では、
とても楽しい思い出ができたのですが、
その時、私にとって唯一の心残りだったのが、
TORANOKOさんの咲夜嬢本を買えなかった事でした。

そこで昨日は、買えなかった本が再販されるとのことで、
その本を買うためだけにぷにケットへと行って来ました。






会場は京急蒲田駅からすぐ近くにあったため、
10時ごろには着いてしまいました。

それから待機列に並んで11時の開場までは、
朝食代わりのパンを食べたり、
当日行われた日本ダービーの予想などをしていました。

するとあっという間に11時ぐらいになって、
列が動き始めると、5分ぐらいで会場入り。

さっそく、一番右奥のTORANOKOさんのところまで
早歩きで向かったのですが、
スペースに来てみると新刊がまだ到着しておらず、
早くとも1時ぐらいになると言われてしまいました。

なので、一旦会場を後にして、
銀行に行ったり、ToLOVEるの感想をメモ帳に
走り書きするなどして1時までの時間を潰すことに。

12時半を過ぎたころに、再び会場入りして
TORANOKOさんのスペースを覗いてみると、
列はできていないものの、周りにはいかにも
TORANOKOさん目当ての参加者ばかりで、
そこだけ異様な人だかりができていました。

場所が通路だったため、あまり邪魔にならないよう
私は少しばかり端の方へ移ったのですが、
かなりの人が居たので、離れている間に
本が到着して売り切れたりしたら元も子もないので、
なかなかその場を動けない状態でした。

そんなヤキモキさせられる状態が10分ほど続いた後、
ようやくスタッフの方が列を作ってくれて、
サークル周辺の混雑も一段落。

私は前から40~50番目ぐらいで並ぶことになったのですが、
それでもまだ早い方で、私の後ろにはさらに倍近いぐらいの
長蛇が出来上がるほど人が並んでいました。

列に並んでから15分。
1時を過ぎたころにようやく新刊が届いたようで、数分後に配布が開始。

スタッフからあらかじめ1部限定で400円という報告があったので、
列は流れ始めるとスムーズで、あっという間にスペースまでたどり着き、
会場から2時間待ってようやく新刊を手にすることができました。

本来ならばこれで目的達成。
といきたいところなのですが、やはり咲夜嬢の本ということで、
もう一冊欲しい!と思って再度列に並んだのですが、
そこはあえなく完売となってしまいました。


けれども、せっかくここまで来たので、サークル主のとんとろさんには
ご挨拶をしようと思い、完売後しばらくして周りの人もはけた後に、
思い切って声をかけてみることにしました。

緊張で考えていたことの半分ぐらいしか喋れませんでしたが、
ご本人に名刺と「Saku Thrust!!」を渡すことができただけでも、
ここまで足を運んできた甲斐がありました。

なのに、私が「Saku Thrust!!」を渡したらそのお返しにと、
僅かながら残していた新刊をいただいたので、
結果的に新刊は2冊手にすることができてしまいました。
とんとろさんには心より感謝いたします。

2冊とも大切に使用…じゃなくて読ませていただきます!


こうして、1冊の咲夜嬢本を求めて
ぷにケットで4時間も滞在することになったのですが、
しつとら2で買えなかった新刊を無事に購入することができたし、
ご挨拶もすることができたので大満足でした。
TORANOKOさんの次回作にも期待しようと思います。

ちなみに本の内容なのですが、
咲夜嬢とワタルが互いの維持の張り合いによって、
次第にえろろ~んな展開になっていくのですが、
咲夜嬢の『誘い受け』モード全開なので、
大きな咲夜嬢ファンは必見です!

イベント等で見かけた際には、是非とも購入することをオススメいたします。

sakubon.jpg



コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

take23

Author:take23

こちらでの更新は停止しました。日記はココログにてやっております。

ハヤテのごとく!感想サイト
ニュース・情報サイト
イラストサイト
アニメ感想サイト
ブログ内検索

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。