スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲夜嬢ファンなら絶対買い!ドラマCD第3弾

dramacd03.jpg

遅ればせながらようやくドラマCD第3弾のレビューをします。

今回は何といっても咲夜嬢がドラマCD初登場!ということで、
これまで第1弾・第2弾と全く触れてきませんでしたが、
サンクリの原稿にも目途が立ってきたので、
感想を書こうと思っていました。

ただし、咲夜嬢の出番は飛び飛びだったので、
感想も1パートごとに分けて書いてみました。






・ネタバレ・トーク1

今回は「愛沢咲夜プロデュース」という設定で
『初恋』というタイトルの物語が進んでいます。
したがって、出番は飛び飛びでも咲夜嬢を中心に
ドラマCDの流れが進んでいくわけです。
全8話のショートドラマの合間に、
咲夜嬢の「ネタバレ・トーク」が展開されていました。



・ネタバレ・トーク2

自分で「サク姉ちゃん」と言う咲夜嬢カワユス。
ネタバレトークは飛ばすどころか
ここだけ抽出して聴き入っちゃいますよ。
物語の主演がナギというのはいいとして、
平凡な家庭育ちでイジワルなママ母が
サキさんという設定が笑えました。



・ネタバレ・トーク3

ハヤテはそのまま三千院家の執事で、
何とヒナギクがお嬢様という設定。
たまたま現れたヒナギクをそのまま配役したようですが、
ここで原作でもアニメでも無かった

咲夜嬢とヒナギクの絡みが実現

人当たりも良く、喋りも上手い咲夜嬢だけあって、
唐突な展開ではありましたが、全然違和感は無かったです。

また、相変わらずの天然ジゴロっぷりを見せるハヤテを
おちょくる咲夜嬢がたまんなかったッス。



・ネタバレ・トーク4

三千院家の執事ハヤテに憧れるナギ。
しかし実は生き別れになった兄であるという設定。
咲夜嬢の作り出した予想外の展開に
ハヤテだけでなくヒナギクも興味を示していました。



・初恋~第4話「友人」

ここで本編にもナギの友人として咲夜嬢が登場。
「ロス・プリモス」って…
マリみては見てないのであまりよくわからないのですが、
とりあえず中の人繋がりっぽいですね。
普段の活発なイメージとはかけ離れた名前どおり、
珍しくお淑やかな咲夜嬢を聴くことが出来ます。



・SEASONS

物語りも中盤に差し掛かった所で、いきなりの挿入歌。
すでにいすみてでもレビューされていますが、
咲夜嬢と伊澄さんのデュエット曲です。

個別のパートでは、咲夜嬢が伊澄さんの事を、
伊澄さんが咲夜嬢の事を歌うような詞となっていて、
二人の仲の良さを感じる事ができます。

佳奈様は相変わらず唄が上手いですし、
伊澄さんの歌う咲夜嬢の詞も実に素晴らしかったです。
この歌だけでも1つのレビューが書けるぐらいでした。
(原稿終わったら上げるかも?)



・ネタバレ・トーク5

「ここらへんで(ナギに)年上のお姉さん的存在が欲しい」
と、突如言い出す咲夜嬢。
それだけなら角は立たない所ですが、
咲夜嬢の求めるお姉さん的存在とは
「普通な子」「毎回必ず1回は登場する」「何かしら食うてばっかおる」
という要素が必要なようです。
アニメ第24話の執事通信でもそうでしたが、
咲夜嬢は毎回登場する西沢さんを妬んでいるのだろうか?
大食い化して変な特徴が付いてしまったのにも
「オイシイやっちゃなー」って思っていそうですし。



・ネタバレ・トーク6

ここで、咲夜嬢はワタルにも重要な配役を与えようとするのですが…



・ネタバレ・トーク7

ハンバーガーショップの店員ワロタwww
ナギと西沢さんの居る席ににポテト持って行くだけの役って…
ワタルが可哀想でしたが、これこそ咲夜嬢って感じでした。

男心をイジる咲夜嬢たまんねえええ!!!



・ネタバレ・トーク8

「って、ええ所で続く気か──!!!」
あれ?咲夜嬢が書いたんじゃないのか!?



・盛り上がる三千院家にて

どうやらラストは咲夜嬢だけでなく皆で考えた末のモノだったようです。
けれどもハヤテが死んでしまう展開にご立腹なナギ。
元々、今回の物語「初恋」はナギのマンガのネタ出しを
手助けするために咲夜嬢が考えてくれたみたいです。
やっぱり咲夜嬢は良いお姉さんですね~
(ナギにとってはありがた迷惑だったようですが…)

とりあえずド○えもんネタ自重



・いつもの三千院家にて

結局最後はナギがハヤテに怒ってといういつものパターンになり、
咲夜嬢はそれを遠巻きから「やれやれ」といった感じで見つめているご様子。
あくまでも傍観者としての立場が短い中にも表われていました。

物語の主演もナギでしたし(メインヒロインだから当たり前か…)
咲夜嬢はどんな時でも裏方役に徹する性格なのでしょうが、
時には自分から表舞台に立つぐらいでもしないと幸せになれませんよ…
と、お節介な事を思ったりもしました。

だからこそ応援したくなるんだけどね!


そんなサブキャラクターの宿命を背負いつつも、
今回のドラマCDは咲夜嬢が演出に歌にと大活躍で、
第1弾、第2弾と出てこなかった鬱憤も一気に晴れるほど最高の内容でした。


咲夜嬢ファンなら絶対に買うべきです!


ところで、物語中のナギのセリフに「ハヤテお兄ちゃん」
というフレーズがやたら盛り込まれていたのは
咲夜嬢の願望込みだったんだろうか?


コメント

やばい!まだ買ってない!
…明日行ってきます。

>咲夜嬢はどんな時でも裏方役に徹する性格なのでしょうが、

カードをやっているとき咲夜のことを最高のサポート役と思っていたんですが、確認して見たらTCGの咲夜のカードは19枚中11枚がサポート効果でした。(この中にハズレ効果はありませんでした。咲夜嬢らしく)

執事やメイドよりもはるかにサポートに従事する咲夜嬢を射止めれる人間になるのは大変そうですが。強い決意と正しい心と感じれるものがあるのがそんな人間かもしれないので、社会からはみ出しすぎないように頑張ってください。

咲夜登場パートだけ抽出してのレビュー、期待に違わずです。
本作、ドラマCDの中では図抜けて出来が良いと思いますが、やはりプロデューサーは大事ですね(違。特にワタルいじりが秀逸で吹きました。咲夜と伊澄のコンボには一生手玉にとられそう。

挿入歌は、先唱(1番咲夜、2番伊澄)がナギのことを、後唱(1番伊澄、2番咲夜)がお互いのことを歌ってるんじゃないでしょうか。なにげに遠慮なく突っ込みつつも、眼差しがあくまで優しいのがいいですね。

初めまして! アスにぱです。

ドラマCD、まだ買ってないのですが・・・・
この感想をよんで、咲夜さんが出てくると分かったので安心しました。
かっ・・・買いにいかないとー・・・

二人のキャラソンは聞きました。
春夏秋冬で、春→ナギ、夏→咲夜、秋→ワタル、冬→伊澄
になってるそうです。
咲夜さんの歌声、満足しました。

4月のイベント全て終わらしたら、
次は5月の〆切までにキャラソンを集めて、
応募者全員プレゼントに送って・・・

う~~む、まだ買えるのは先になりそうです・・・

>咲夜嬢ファンなら絶対に買うべきです!

ゴメンナサイ・・・ニコニコ頼みで買いませんでした!
けど、しっかりと聞かせていただきました。

キャラソンはホントにできがよかったです。
それぞれ四人についての歌詞も良かったですが、やはり咲夜嬢の歌詞が一番本質に近づいて書かれている感じがしました。
咲夜嬢の歌声にも大満足です!

>>しろくつさん
もう買われましたか?

>>宮崎さん
咲夜嬢はサポートに回っている時の方が見ていて安心感が持てますし、
私もサポートして欲しいってついつい思ってしまいます。

>>Iuthさん
咲夜嬢が仕切るとテンポ良く話が進みますし、
何回聞いても飽きない内容に仕上がっていますね。

>>アスにぱさん
歌詞はそれが正しい意味だったのですか。
ちょっと引っかかっていた部分もそれで納得ができました。

>>ナマツさん
お金が貯まったら是非とも購入されて下さい。
絶対に後悔しないデキですから。

>>ヨネタさん
咲夜嬢ファンならばこれはCDを購入するべきですよ。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

take23

Author:take23

こちらでの更新は停止しました。日記はココログにてやっております。

ハヤテのごとく!感想サイト
ニュース・情報サイト
イラストサイト
アニメ感想サイト
ブログ内検索

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。