スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性キャラの2番手争いが常に熾烈な脳内です

本日2月22日は猫の日であり、竹島が島根県に編入された日であり、
塚本印刷所の看板娘である千紗ちぃの誕生日でもあります。

そんな事はさておき、咲夜嬢ファン暦の浅い自分も
ハヤテ内で一押しになってからようやく一年以上が経過しました。

これまで、ハヤテ内では初期からずっとナギ、
その後はマリアさんとヒナちゃんで半年ごとに一押しキャラが変わっていたので、
昨年の今ごろはハヤテ内ですら半年も持たないほど浮気性である自分が
まさか1年以上も咲夜嬢一押しであり続けるとは思ってもいませんでした。

けれども今は、この先破壊力抜群の新キャラが登場したり、
既存のキャラが私の心をグッっと引き寄せることをしようとも
ハヤテ内では永久に咲夜嬢が一押しであり続ける自身があります。

そんな咲夜嬢一筋な心とは裏腹に、咲夜嬢の次にあたる
ハヤテ内の「二押しキャラ」はコロコロ変わっていたりします。

そこで、今日の2が並びまくる日の数字にちなんで、
「この1年の二押しキャラの移り変わり」を振り返ってみようと思いました。






・2007年2月~4月

桂ヒナギク

07-02hina.jpg

咲夜嬢が1押しになる前はヒナちゃんスキーでした。
普段の完璧な振る舞いとは対照的な、高所恐怖症や恋に悩む姿など
女の子らしい可愛い所のギャップに惹かれていました。

ところが103話(2006年11月)から咲夜嬢が徐々に台頭し始め、
さらには人気投票でヒナちゃんがブッチギリのトップを飾った時から
気持ちが萎え始めて、遂には2月中旬に明け渡すことになりました。
それでもアニメで初登場する時までは、私が初登場時から切望していた
伊藤静さんの声も支えになって2番手は維持し続けていました。



・2007年5月~6月

西沢歩

07-05hamu.jpg

きっかけはやっぱり125~127話のホワイトデー編でしたね。
あそこでヒナちゃんよりも西沢さんの方を応援したい気持ちになりました。

また、127話の時はちょうど西沢さんの誕生日とも重なって
当時はかなり気合を入れて誕生日祝いの記事を書いた覚えもあります。
あと、やっぱりこの人の誕生日ケーキも印象が強かったですね。



・2007年7月~8月

マリアさん

07-07maria.jpg

これは私の毎年の傾向なのですが、
「春分過ぎたらマリアさん、秋分過ぎたらヒナちゃん」
という格言が生まれるほど、二人の評価はバイオリズムが決まっているので
昨年も例に漏れず、夏場にマリアさんの評価がピークを迎えました。

135話でスルーされて落ち込む所や、12巻の表紙の寄せて上げ具合が良かったです。



・2007年9月~11月

春風千桜

07-09haru.jpg

125話や135話で出てきた時はそうでもなかったのですが、
142話で自身の二面性(書記とメイドさん)に悩む所や、
ぬいぐるみいっぱいの部屋を見て心を揺さぶられました。

メガネっ娘を好まない私は、メガネをかけている時点で
そのキャラの評価をかなり低く落とすのですが、ハルちゃんは別格。
現在脳内メガネっ娘ランキングでは独走状態を築き上げるほど、
ハルちゃんはメガネをかけている時の方が好きです。
愛歌さんにはもうバレている事だし、
これからはメイドの時もメガネをかけたままで居て欲しいです。



・2007年12月

三千院ナギ

07-12nagi.jpg

実はアニメが始まってから急激に評価を落としたのがナギでした。
その理由は「ナギにくぎみーボイスは合わない!」という
私の固定観念から来るものだったのですが、
7月に発売されたキャラソンCDをキッカケとして
徐々にナギのくぎみーボイスにも慣れてきたせいか、
ジワジワとナギの評価が上がり続けていました。

そして2番手浮上の決め手となったのが154話の感想を書く時。
「ああ、自分は今こんなにナギの事好きなんだ…」という自覚が芽生えて、
マリアさん&ヒナちゃん二強時代は常に三番手だったメインヒロインが
久しぶりに私の中で意識させてくれる存在となりました。



・2008年1月

桂ヒナギク

08-01hina.jpg

マリアさんの所でも書きましたが、冬場は逆にヒナちゃんの評価が
上昇してくるのが例年のバイオリズムとなっています。
そのため、原作でもアニメでも特筆すべきものは無かったのですが、
自然とナギを上回って再び2番手に上昇してきました。

先月のヒナちゃんに対する度重なる変態発言は
このバイオリズムが元になっているようなもので、
決して私の意志ではアリマセンヨ?



・2008年2月

瀬川泉

08-02izumi.jpg

高尾山以来、原作では絶賛放置プレイ中な泉ちゃん。
けれども、いじめられるのが好きな泉ちゃんならきっと
このハブられ状態に悶えまくり、絶頂を迎えているに違いない!
そう思うともう、こちらとしてもいろいろ妄想が働いてきて
日増しに泉ちゃんの評価が急上昇↑

あと、近ごろのこの人の暴走っぷりがまた評価を上げる要因にもなりましたね。
これからも私以上の変態妄想記事で、泉ちゃんをいじめちゃって下さい。



そんなわけで、この一年の間で6人ものキャラが2番手までのし上がり、
そして落ちていくという繰り返しが、私の脳内で湧き起こっていました。

今でもこの6人はかなりの僅差で2番手争いを繰り広げており、
今後も1ヶ月ないし2ヶ月単位でコロコロ変わって行くものかと思います。
特に期待が大きいのは現在でも2番手に浮上している泉ちゃんで、
これだけ出番が無い分、久々に登場してきた時はかなりの扱いで
それなりの破壊力を発揮してくれるのではないかと予想しています。

また、春分を過ぎてきたらマリアさんも台頭してくるでしょうし、
成長が見えつつあるナギ、まだまだ未知な魅力の多いハルちゃん
といったところが、今後再び2番手に再浮上する可能性が高いです。


が、しかし…


これら2番手争いの遥か前方に咲夜嬢が居るのです


1年ほど前は2番手とも2馬身、3馬身程度と
ある程度逆転の可能性もありそうな差だったのですが、
131話をキッカケに独走態勢を作り始め、
今ではセクレタリアトのベルモントSなみに大差がついた状態なので、



2番手争いを勝ち抜いても咲夜嬢まで届くことはまず無いと思います。


ちなみに2番手争いの熾烈さは98年のマイルCSなみです。



結局、この咲夜嬢独走状態が続く限り、2番手がコロコロ入れ替わろうとも、
当ブログで咲夜嬢を中心に書き続けることに変わりは無いと思います。
てか、咲夜嬢FC作ってるんですから咲夜嬢を中心に語らないとダメですよね。

本当は原作やアニメの感想でも咲夜嬢が出ようが出まいがそうしたいのですが、
某和服がとっても似合う少女FCのような対話手法は難しいですし、
やっぱり内容の本筋やネタにもついつい触れたくなってしまいますので、
これからも咲夜嬢が出てこない時は、以上に挙げた2番手を争ってるキャラを中心に
イジり…じゃなくて感想を書いていくことになるでしょう。

このように2番手争いと同時に自分の感想にもまだまだ一貫性はありませんが、
1番は文句なしに咲夜嬢であり、咲夜嬢一筋は当たり前のように貫いて行きますので、
咲夜嬢の出番が無くとも、ハヤテのごとく!という作品を楽しんで行こうと思います。



画像等:©畑健二郎(小学館)



コメント

>・2007年9月~11月
 春風千桜

これから来る春風が吹くような時期にこそこのこの方ですよ!
ハル・・・じゃなくて、春こそこの方の季節
なので私は春が一番ずば抜けて好きです

まぁそんな馬鹿な思想は置いといて、私も2位以下は揺らぎまくってますが(というより決定したことは多分ない)、take23さんも意外と結構変わっていますね~
ヒナさんとマリアさんが結構好き みたいな記事をみたことはありますが西沢さんが入っていたのが特に
いや、take23さんが巨乳好きだと思った とかじゃなくて

>・2008年2月
 瀬川泉

これは確かに畑先生はBSでちゃんと言ってますからね~
期待できますね~
でも、あんまり脳殺なシーンがでると私はおかしくなっちゃうのでそれもこまりますけどね~
せっかく最近落ち着いてきたんですがね~

まぁとにかく泉さんに期待ですね

私の場合7番手以降になると変化が激しいですね
2番手からとなるとその下はまた激しく変わってそうですね

私の二番手はハルちゃんこと、春風千桜ですね!

<自身の二面性(書記とメイドさん)に悩む所や、
ぬいぐるみいっぱいの部屋を見て心を揺さぶられました。
というtake23さんには大いに賛成です。。 あと高尾山編も良かったな~

けど、三週にわたるヒナギクの話の影響が大きくハルちゃんがピンチです・・・

<これら2番手争いの遥か前方に咲夜嬢が居るのです。
そのとおりです!! 
きっとtake23さんも二番手である、いいんちょさんの39・8km先に咲夜嬢がいると感じているハズです! ・・・・・ですよね?!

>>ブラックさん
名前どおり春に活躍期が訪れるといいですね。
私の場合、春は桜が咲く季節なので大好きです。

ヒナちゃんとかだけでなく西沢さんも結構好きですよ。
ていうか、ハヤテの女性キャラは基本的にどのキャラも好きです。
その中で如何に咲夜嬢が抜けてるかって伝えるのも
この記事のポイントだったわけなのです。

>>白川悠さん
では6番手まではある程度固まっているのですね。
一度、白川さんの脳内順位が見てみたいな~

>>ヨネタさん
咲夜嬢好きでハルちゃん2番手の人多いな~

私は今回の話で逆にヒナちゃんが3番手に下がりましたね。
それでいて出番の無い泉ちゃんが浮上するように、
近ごろ私の脳内は活躍度とは比例しない構造になりつつあるようです。

まあ、咲夜嬢の場合は出ようが出まいが上昇しまくりですねどね♪

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

take23

Author:take23

こちらでの更新は停止しました。日記はココログにてやっております。

ハヤテのごとく!感想サイト
ニュース・情報サイト
イラストサイト
アニメ感想サイト
ブログ内検索

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。