スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の再会を待ちわびる時の不安と期待

今週はハヤテのごとく!を読む前にふと考えてみたんだ。

4月3日/夜の部が終わって以降、
ハヤテ、ナギ、マリアさんの3人は当然として、
白皇組ではヒナギク、愛歌さん、ハルちゃんの執行部3人組に
泉ちゃん、美希、理沙のおバカ三人衆+雪路ちゃん、
それから学校ではイマイチ印象の薄い伊澄さんやワタルに、
どこにも属さない西沢さんやサキさんまでも登場。

さらには前々回から新キャラ二人も登場して、
何だかもうこれだけのキャラクターで充分すぎるほど
ハヤテのごとく!が成り立ってるような気がする。

あとは出番というか極一部を除けば存在感すら怪しい
しおりんとシスターが出てくれば完璧だな。うん。

他にどういうキャラが足りないんだろうね?
ボクにはもう思い当たらないよ~

といった感じで、サンデーを購入したコンビニからの帰り道で
いろんなキャラクターが頭の中で渦巻いていました。






まあ、これらを要約するとね…


咲夜嬢ってもう出てくる余地が無いんじゃないか!?


っていう不安に駆られてしまったわけですよ。

新学期が始まれば自然と学園編が多くなるのはわかりきっていた事ですが、
やっぱり頭で考えるのと実際に目の当たりにするのではまた別問題ですからね。
それにお屋敷編ではまた何かしら神出鬼没な登場の仕方をする
とは思っていましたので、少なくとも高尾山が終われば
2,3週間以内にはお目見えするものだと思っていました。

それがここまで出て来ないとなると、
出番の無いことに対する怒りとかそんな感情云々よりも
「このままもう2度とハヤテのごとく!の世界に現れないんじゃないだろうか…」
という不安の方が高まってきました。
これはしおりんやシスター等、さらに出番の少ないキャラクター達の
ファンならば普段から感じている事なのかもしれません。

そして出番の無い状態がずっと続く中で、もしも久々にポッっと現れた時、
果たしてハヤテのごとく!の世界に再び上手く入り込むことが出来るのだろうか?
日比野文みたく世界観を崩壊させることは無いよな?という不安も出てきました。

そういった2つの不安を抱えつつ、
今週のハヤテのごとく!を読み進めていったわけですが、
しかしながら、これらの不安の裏側には
ひっそりと淡い期待も持ち合わせたりしています。

これは過去の事例なのですが、咲夜嬢が今回のように
本編で10回以上連続登場の無いスパンはこれまで2回あります。

1つは33~49話の17回連続。
これが明けた50話ではタイタニック号を派手に引っさげて登場。
さらには翌週も出番があるという恩恵を受けました。

2つ目が52~64話の13回なのですが、
この後、久々に登場した65話は

皆さんご存知の通り「あててんのよ」の回です。

つまり長いトンネルを抜けてみれば

新しい咲夜嬢との出会いが待っているかもしれないのです。

もちろんイメージがガラッと変わる不安もあるのですが、
コチラに関してはどちらかといえば期待の方が大きくなりますよね。

原作で久しぶりに咲夜嬢を見ることができた時、
私は一体どんな反応をするのだろうか?
それは喜びなのか安堵なのか?
自重をせずに引かれるような事をこのブログには書かないよな?

というようにいろんな想像が巡ったりもします。

こういった理由から予行演習の意味合いも含めて、
今週末は1ヵ月半ぶりに「サクヤのほそく!」をやってみようと思いました。

アニメでは近ごろ出番に恵まれていますが、
やはり原作で出てくるというのは
アニメとは意味合いも気持ちの面でも大きく異なりますので、
久しぶりに咲夜嬢が出てきたぞ!っていう気持ちになって
愛の限りを尽して叫んでみます。

何話を使うかは今週末のお楽しみって事で
興味のある方は土曜日にでも是非ご覧になられて下さい。


咲夜嬢愛してるよおおおおおおお!!!!!


コメント

咲夜嬢愛してるよおおおおおおお!!!!!
ええもう、愛しちゃってください!
境地に至っちゃってください!
我々もついていきますから!

どうも、ごく一部のしおりん支持層です。

しおりん支持層にとっては、

出番、というか、

1コマでも、1セリフでも、出番の余地が残されている
可能性があることの可能性は、
1%以上残されているのか?


という、非常にネガティヴな不安とともに過ごしてきたわけなのですが・・・

イメージ映像で1コマあれば大喜び、
名前が言及されれば、それだけで大喜び、だったので、
今週の出番はかなりヤヴぁい回だったわけなのですが。

でも、take23さんが、そのような不安を抱えていたなんて・・・
やっぱりtake23さん、いい人です・・・。

咲夜嬢は、まだまだ登場の機会も、活躍の機会も十分すぎるくらいにありますよ!!

ともあれ、
>愛の限りを尽して叫んでみます

それでこそ会長!take23さん!

P.S.
今回のお話が、しおりんにとっての「あててんのよ」回とならないか、
淡い期待を抱いてしまいました。
各地での反応は、しおりんよりロリマリアさんに注目度が高いようでしたがw

>>愛沢佐清さん
こんな暴走野郎ですが、どうかよろしくお願いしますね。

>>ニコさん
やっぱり咲夜嬢よりもさらに出番の少ないキャラの
ファンの方達はさらに不安を抱えてしまいますよね。
今回、しおりんが出てきてホント良かったですね。
学園編がある限り、学年主任として
これからもたまに出てきて賑わしてくれるでしょう。

ナマツは咲夜とtake23さんを応援しています

咲夜嬢が出てこない。
それだけで何度チクショーと叫んだことか・・・

新学期に入ったせいで、
ますます学園編の色が濃くなってきましたから・・・

ただでさえ、偏った人気に合わせているため、
咲夜を登場させるタイミングが難しいのではないでしょうか?

咲夜が絡む話といえば、
伊澄と妖怪退治かハルさんや愛歌さんに関係する話かと・・・

読者が読みたい話と作者が書きたい話は違いますから・・・
ここは根気よく待つしかないですね。

咲夜が出てくるまで、しばらくアニメで咲夜分を補給しておくとします。

畑先生が三強ヒロインの壁を破ってくれることを祈って!!

>>ナマツさん
畑先生の事ですから人気に合わせるような
話の作り方はされていないですし、それは考えすぎですよ。
それよりもやはり学園編に突入したことが大きな原因だと思います。
咲夜嬢ファンとしてはそういった出番に限りがあるという要素を
頭に置きながら気長に待ち続けるしかないでしょうね。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

take23

Author:take23

こちらでの更新は停止しました。日記はココログにてやっております。

ハヤテのごとく!感想サイト
ニュース・情報サイト
イラストサイト
アニメ感想サイト
ブログ内検索

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。