スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14巻で咲夜嬢のセリフ間違い探しをやってみた

いつものコンビニが閉まってて、サンデーの購入が木曜日となってしまうため、
3日遅れでようやく手に入った単行本14巻のレビューを先にすることにしました。

14konyu.jpg

今回はアニメイトで2冊購入するだけに止めました。
ホントは普通の本屋で1冊だけにしようかと思ったのですが、
メイトではハヤテフェアでヲタくじがあったので心惹かれました。

ま、2回に分けて引いたら2回ともマリアさんが出てくるわ、咲夜嬢は出てこないわで、
いろんな意味で「凶」を引き当てたなぁ…って感じでしたが

(※W.M.派の呪詛により検閲削除となりました)

それとウチの地元ではペーパーが『白』だったので機会があれば、
色違いを求められているこの方に是非差し上げようかと思いました。


さて、それでは内容の感想に移りたいと思うのですが、
14巻に収録分の141~146話はすでに語り尽くした感もあるので、
ちょっと視点を変えて振り返ってみることにしました。
それがタイトルにもあるように

咲夜嬢のセリフ修正・変更点探しです

そのうちハヤカレさんでもやられるとは思いますが、
咲夜嬢のセリフ分だけでも一足先に比較してみることにしました。






第141話 それがどんな無茶振りでも男の子には女の子の期待に応える義務がある

・雑誌掲載時 4ページ3コマ目
141-04-03.jpg


・単行本 8ページ3コマ目
14-08-03.jpg

語尾のちょっとした修正。断定形になっています。


・雑誌掲載時 4ページ4コマ目
141-04-04.jpg


・単行本 8ページ4コマ目
14-08-04.jpg

フラれる咲夜嬢かわいそう…代わりに私が慰めてあげます!


・雑誌掲載時 4ページ6コマ目
141-04-06.jpg


・単行本 8ページ6コマ目
14-08-06.jpg

やっぱり咲夜嬢はダウンタウンが好きなのかな?
どうせなら「おもしろい」も「おもろい」に変更して欲しかったです。


・雑誌掲載時 6ページ3コマ目
141-06-03.jpg


・単行本 10ページ3コマ目
14-10-03.jpg

ハルちゃんがやや疑問系なセリフだし、そのままの方が良かったのでは…


・雑誌掲載時 11ページ1コマ目
141-11-01.jpg


・単行本 15ページ1コマ目
14-15-01.jpg

「子供の頃」が付記された事によって妄想が広がりました。


・雑誌掲載時 13ページ3コマ目
141-13-03.jpg


・単行本 17ページ3コマ目
14-17-03.jpg

これも変更する必要は無かったかも…


・雑誌掲載時 14ページ1コマ目
141-14-01.jpg


・単行本 18ページ1コマ目
14-18-01.jpg

咲夜嬢…あまり言い過ぎると伊澄さまの逆鱗に触れてしまいマスヨ?




第142話 正体がバレると動物にされるって設定はよく考えると怖いよね

・雑誌掲載時 8ページ5コマ目
142-08-05.jpg


・単行本 28ページ5コマ目
14-28-05.jpg

可愛らしいお口に見とれていたら、漢字に変換をスルーしてしまうところでした。




第143話 僕たちの行方

・雑誌掲載時 16ページ1コマ目
143-16-01.jpg


・単行本 52ページ1コマ目
14-52-01.jpg

あれ…?

母親が乳母に変わってる!?

絶望した!単行本でアッサリ戻ってしまう設定に絶望した!

どう見ても14巻で一番衝撃的な変更点でした。




第144話 時代劇でも桜吹雪を見れば人はたいてい素直になる

・雑誌掲載時 7ページ6コマ目
144-07-06.jpg


・単行本 59ページ6コマ目
14-59-06.jpg

セリフに変わりは無いのですが、改行箇所が違いました。


・雑誌掲載時 12ページ1コマ目
144-12-01.jpg


・単行本 64ページ1コマ目
14-64-01.jpg

咲夜嬢のセリフがいつの間にかハヤテのセリフへと摩り替わりました。


・雑誌掲載時 12ページ2コマ目
144-12-02.jpg


・単行本 64ページ2コマ目
14-64-02.jpg

次のコマではそれを受けて逆になっています。
「せやな」と付け加えただけで、
咲夜嬢のセリフに聴こえるんだから不思議なものです。




第145話 Distance~近くても

・雑誌掲載時 2ページ2コマ目
145-02-02.jpg


・単行本 70ページ2コマ目
14-70-02.jpg

これが14巻の中で最も納得のいくような修正に思えました。


・雑誌掲載時 5ページ3コマ目
145-05-03.jpg


・単行本 73ページ3コマ目
14-73-03.jpg

何故か曖昧なセリフになってしまいました。
まあ、ナギの事を一番よく理解している咲夜嬢には
何か確信めいたものがあると思いますが。


・雑誌掲載時 6ページ3コマ目
145-06-03.jpg


・単行本 74ページ3コマ目
14-74-03.jpg

咲夜嬢とは何度でも出会いたいものです。




第146話 Distance~遠くても

・雑誌掲載時 1ページ4コマ目
146-01-04.jpg


・単行本 85ページ4コマ目
14-85-04.jpg


セリフが無いので変更点なし!

せめて一言だけでもセリフを入れて欲しかった…


以上、咲夜嬢の14歳の誕生日を祝う14巻14ヶ所で追記・変更点がありました。

修正もあれば中には修悪もありといった感じでしたが、
やはり2巻の巻末プロフィールを思い出したかのような
家族構成の修正が一番の変更点と言えるでしょう。

元々咲夜嬢に母親は居ないものだと思っていたので、
143話を見た後の胸の閊えが取れた感じになりました。
やっぱり咲夜嬢は父子家庭だったのですね…

ならば母子家庭のウチは親子丼で好都合!

咲夜嬢は弟や妹達にはお姉ちゃんとしてだけでなく、
母親代わりの役目も務めているのかもしれませんね。
(ま、乳母がいるようですけど…)

父親や義兄があんな感じですし、年上に甘えたくなるっていう気持ちを
これまで以上に強く感じることができました。

目いっぱい愛してあげるよ咲夜嬢



それでは最後に、変更点以外で単行本ならではのツッコミどころでも

1.147話の扉絵

14-101.jpg

モノクロになっても変わらない愛らしさに見とれて、
頬ずりではなく、優しい○スをしちゃいました。



2.余白ページのカット

14-104.jpg

147話の扉絵も見たし後はパラパラ捲るだけだな。
と思っていたら、次のページにいきなり現れてビックリ。
裏のページも気にせずに切り取っていいって事でしょうか?



3.オマケ4コマ

今回は本編で異例の活躍をしたにもかかわらず、
表紙もなし、購入特典もなしで、
オマケ等のフォローもないかと思っていったのですが…

14-4koma.jpg


横顔スマイルの咲夜嬢

キタァ━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)━━!!!!


何か面白いものを発見したかのような笑みが

ドMにはたまりません

いやーもうこれだけで14巻の価値が39倍にも膨れ上がりました。
この巻はやっぱり永久保存モノです。(でも39冊は買いませんよ?)

というわけで皆さんも原作でやや不足気味の咲夜分は

14巻でしっかり補いましょう♪



©畑健二郎(小学館)



【お知らせ】咲夜嬢カップリング投票本日16日までとなっております。


コメント

>> それとウチの地元ではペーパーが『白』だったので機会があれば、色違いを求められているこの方に是非差し上げようかと思いました。

おおっ!
ありがとうございます!!

代わりに、といってはなんですが、咲夜さんのヲタくじを差し上げますね!

フられる咲夜嬢かわいそう…代わりに私が慰めてあげます!させるかぁ!させてたまるかぁ!その役は俺のものやぁ!
「子供の頃」が付記されたことによって妄想が広がりました。何かあったんでしょーかねえ。

補足…帯を捲ると、2人の絶対領域(と言って良いのか)が存在します。

>フラれる咲夜嬢かわいそう…代わりに私が慰めてあげます!
ご一緒になぐさめま(ry
>ドMにはたまりません
ですよねー
咲夜嬢は何回見ても飽きない可愛い顔の持ち主ですね(^-^)

画像で比較すると、変更の与える影響というものをすごく実感できました。
サンデーだけで読んでる人、コミックスだけで読んでる人。
とではキャラへの印象が少しずつずれているのかもしれません。

「子供の頃」が付記された事によって妄想が広がりました。
妄想が広がりんぐw

咲夜嬢のセリフがいつの間にかハヤテのセリフへと摩り替わりました。
これはひどい・・・

「せやな」と付け加えただけで、
咲夜嬢のセリフに聴こえるんだから不思議なものです。
最初はハヤテ→咲夜嬢
と台詞が増えたのかと思いましたが、よくよく考えたらハヤテが独り言をしていることになってしまうので増えたわけではなく、補強程度でしたね・・・

頬ずりではなく、優しい○スをしちゃいました。
すいません。
吹いてしまいました

僕が引いたヲタくじは「A凶」と「獄凶」でしたから、
「凶」が圧倒的に多いんじゃないすか?「ハヤテ」のくじだけに・・・

どんなにセリフが修正されようが、咲夜嬢の可愛いさは変わりませんね♪
ちなみにこの巻で僕が一番好きな咲夜は23ページの4コマ目、
「へ?」って言って振り返った咲夜です!wwww

「母親」が「乳母」に変わったのはびっくりでしたね。
まあ、元々母親はいない設定だったから、
その矛盾を修正する必要があったのでしょうけど、

その「乳母」という人もいつか登場して欲しいですね♪
なにせ、咲夜嬢が吸ってたおっぱ(殴(刺(撃(暗殺拳wwwww

>フラれる咲夜嬢かわいそう…代わりに私が慰めてあげます!

慰めるどころかもぉ咲夜さんを~(自重

>「子供の頃」が付記された事によって妄想が広がりました

これには反応せずにはいられない
もしかして、小さい頃は一緒にお風呂とか入tt(ry

>3.オマケ4コマ

このナギやワタル程深い仲ではないのでやんわりとからかっている感じがなかなかいいのですが・・・自分的には、やっぱここはハルさんが・・・

>>ここのさん
おお、こちらこそありがとうございます!
交換できるその日を楽しみにしていますね。

>>愛沢佐清さん
私も4コマ目を見るために帯は外した状態にしました。

>>つかささん
咲夜嬢はコロコロ表情が変わるので
見るだけでなく一緒に居ても楽しいと思います。

>>じゅうななさいさん
ええ、原作と見比べるとちょっとした違いが
大きく印象を変えるセリフがいくつかあったりして
ちょっと戸惑いもしましたが、これはこれで
2度楽しめると思えば得になるかもしれませんね。

>>ナマツさん
オタくじは全部「凶」だと思いますけどね。
そこがハヤテらしいちゃハヤテらしいのですが…
142話の振り返り咲夜嬢も良かったですよね~
あんなふうに振り返られると、
直視できずに思わずそっぽを向いてしまいそうです。

>>ブラックさん
ハルちゃんとはこれから徐々に仲を深めていけば
さらに良いコンビになるでしょうね。

> take23さん

>> オタくじは全部「凶」だと思いますけどね。

全部集めたところ、実はすべてが「凶」ではないんですよ~

余白の咲夜嬢は不意打ちでヤバかったですね
咲夜嬢に不意打ちされて耐えられるわけがありませんから

>>ここのさん
どうやらそのようですね。
私もそれを引き当てて気付きました。

>>白川悠さん
描き下ろしではないにせよ、そこに咲夜嬢さえ居てくれれば
思わずめくるページを止めてしまいますよね。

…いまさらですが、日曜日にアニメイトに行ったら…。
ハヤテのごとく!14巻が置いてなかった!!
2日遅れなのになぜ…?
ついでに、12巻もなかったw
というか、またここですが福岡もマンデーにレストがインすると木曜日発売になるんですねw
というか、800メートルの僅差で発売日がズレるってw
あ、それとまったく台詞の摩り替わりに気づきませんでしたw
絵は分かりましたけどねw

>>パワー140さん
休日が絡むとどうしても配送が1日ズレてしまいますからね。
3日遅れになる事はある程度覚悟していました。
サンデーの発売もそうですが、
もう少し地方にも平等に発売されて欲しいものです。

オタくじマリアさん2枚ですか・・・
マリアさん一推しの自分は逆に咲夜嬢3枚でマリアさん無しです。
もぉこんだけ運ないなら自害しようかとも思ってしまいました。
マリアさん2枚はうらやましい限りです。

でもガチャのハヤテスイング3回やって、
3個全部マリアさんという快挙を達成しました。
もちろん全部違うところですよ。

>>通りすがりというほど偶然じゃないまぁ普通の人さん
それは是非交換したいぐらいですね。
くじもガチャガチャもそのキャラに当たるかどうか
運次第なのが面白かったりもしますよね。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

take23

Author:take23

こちらでの更新は停止しました。日記はココログにてやっております。

ハヤテのごとく!感想サイト
ニュース・情報サイト
イラストサイト
アニメ感想サイト
ブログ内検索

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。