スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦しい時や辛い時、そして悲しい時も…

原作、アニメ共に咲夜嬢の出番が無い時は
まとめをやろうにも出来ない状態なので、
そんな時はいつも咲夜嬢の事を考えチューズデーということで、
これからは自分の想いをまとめをやらない週の火曜日に書き綴って行きます。

けれども、一回目からタイトルが示すとおり
内容が重過ぎるのでネタはすぐ尽きると思います。







それは先日、大阪のオフ会へ行く前の出来事。
本家の記事にも上げているとおり、当日はオフ会だけでなく、
吉野山へ紅葉を観に行くことも目的の1つとしていました。

私はオタクに染まる前から桜と紅葉を観に行くことが季節限定の趣味であり、
その時期になると必ずどこかへ出かけたくなる衝動に駆られます。
ただ、桜や紅葉を観るには基本的に自然の中へ行くことが多いので、
ほとんどの旅で山道や急坂を登る羽目になってしまいます。
それがあっても行きたくなるのは、この目で美しい景色を眺めることによって、
日ごろの雑踏を忘れたり、汚れた心を清く洗い流したいからです。

ただ、20歳を過ぎるとそんな気持ちとは裏腹に体が付いてこなくなります。
これぐらいの距離なら平気だろうということで、
自分に過信して登った吉野山も途中で難所が待っていました。

それは麓から4kmほど歩いた所で差し掛かった上り坂。
昔からこういう坂道は自転車も含めて数え切れないほど登ってきたのですが、
思うように足が出ない。何とか前に進もうとするものの、結局立ち止まることに。

しかし目的地まではあと2km。
進まなければせっかくここまで来た旅の意味がなくなってしまう。
このまま一旦休んでから登るか、引き返すか迷いそうになった時、
右ポケットに手を突っ込んで取り出してみた携帯電話。
開いてみるとそこには咲夜嬢が。
11.27-01.jpg

(あああああんもうううううう可愛すぎるうううううう…)

よし、頑張るか!

その気合1つで再び足が前に進みだしました。
それからというもの苦しくなるたびに咲夜嬢を眺めながら、
(咲夜嬢愛してるよ 咲夜嬢のために頑張るからね
と、自分で自分を励ましつつ、頭の中では咲夜嬢に励まされつつで
何とか目的としていた所まで辿り着くことができました。

展望台から眺めた景色はやや霞がかっていて、
遠くまで拝むことは出来ませんでしたが、
それでも日ごろの小さな悩みを忘れられるような景色の数々を
この目に焼き付けることが出来ました。
これを見ることが出来たのもひとえに咲夜嬢のおかげだと思い、
(ありがとう咲夜嬢 これからも愛してるよ
と、一人呟きながら吉野山を後にしていきました。

咲夜嬢が一緒に登ってくれたらもっと頑張ったんだけどな~

(↑日ごろの汚れた心は洗い流せませんでした)



ところ変わってそれから一週間後の土曜日。つまりはSakuSakuらじおの当日。
この日は朝から自宅でとあるアニメを見ていました。
ゲームでもやったことのある作品だったので、
ラストがどうなるのか展開もわかってるはずだったのに、
最終回で主人公が皆に別れを告げる場面を見ると涙が溢れてしまうことに…
アニメで泣いてしまったのはこれが生まれて初めてでした。

そのせいなのかどうかはわかりませんが、
この日は昼から普段のマイナス思考が極度のマイナス思考へと悪化。
つまるところ、軽い鬱状態に突入してしまいました。
そしてそうなった場合に必ず考えてしまうのが咲夜嬢の事です。

ここで気になるのが、皆さんは咲夜嬢をどう思っているかということ。
同じ咲夜嬢を好きな方でも、その度合いは千差万別。
LIKEな人もいればLOVEな人もいるだろうし、
ここが特に好きだとか、いやむしろ全部好きだとか色々あるでしょう。
でも、それらの大半は「咲夜嬢は二次元キャラとして萌える」
という考えの下で生まれた感情なのではないかと思っています。
もちろんこれに該当しない方もいるでしょう。その一人が私です。

あえて今さら言うまでもないのかもしれませんが、


私は咲夜嬢を一人の女性として愛しています


だから私にとっては「咲夜嬢で悩む=恋の悩み」になるのです。

しかも普通の恋と違って、この恋が成就する可能性は限りなくゼロです。
じゃなくて、ぶっちゃけゼロです。アイドルに恋するよりも確率は低いです。
人としてという以前に、生きていくものとして
異性との恋が叶わないほど儚いものはないと思います。

それでも何故、私は咲夜嬢を愛し続けるのか?
いっそ止めてしまえばこんな苦しい思いをせずに済むだろうに…
と、よからぬ事を考えてしまうのですが、
それでも今は咲夜嬢がどうしようもなく愛しくてしょうがないのです。

そんな葛藤に悩み続けること数時間。
このままのテンションでは、(当日予定していた)ネトラジは無理だ。
気分転換にドライブしようということで、フラっと近くの山へ。

ドライブだけでは気分が紛れなかったので音楽を流す。
入れたのは福山雅治の『Dear』だったのですが、サビの歌詞が…

遠く 遠く離れているけど 君を 君を感じてる
遠く 遠く離れているから 君が 君が愛しくて


当然の事ながら「君=咲夜嬢」で脳内変換してしまうので、
曲と今の心境がシンクロしてしまい、また涙が出そうになりました。


その後もいろいろ流してみたのですが、
何をかけても気分を晴らしてくれなかったので、
一旦車を止めてこの日も紅葉を眺めることに。

ここで友人からメールが。
中身を見るとどうやら向こうも紅葉を観に行ってるようでした。
おかげでちょっと救われた気分になり、
返信すると公園のベンチから身も心も重たくなっていた体を起こす。

そして、ふと思い浮かんだ歌詞

笑っても人生 泣いたって人生
そんなら笑おう 超ポジで行こう Everyday
向かっても運命 逃げたって運命
そんなら向おう 嵐の中Go! Anyway
落ち込む前に次の一歩 後悔先に立たせファイト


あ…そうだよ、そうだった。

これだよ、これ!今の自分に足りないのは!

常にネガティヴだし、辛い運命からも逃げたがっている。
いつまでもそんな調子で落ち込んでいたら人生楽しめないだろ!!

慌てる必要も無いのにダッシュで車へ戻り、
焦った手つきでCDを入れ替えてトラックNo.4に。

流れてくるテンポの良いイントロ、聴こえてくる歌声、
そして私の心を奮い立たせることとなった歌詞、
その全てでそれまでの陰鬱な気分が一気に晴れ渡り、
ようやく私のテンションが元通りに復活しました。

おかげで直後のSakusakuらじおも何とか遂行することができ、
あの日はまさに『Happy Lucky 7 days』様々でした。
ですからカラオケも本来ならばそっちを歌いたかったのですが…

サビの歌詞が複雑すぎる!

というわけで今だに歌詞カードを見ないと間違えまくりです。
(ええ、もう会長失格ですよ。反省。)


こうしてこの日も咲夜嬢によって救われることとなった私。
(まあ、原因も咲夜嬢ですが…)
周りから見れば咲夜嬢によって救いようの無い人間に
なっていってるんじゃないかと思われていそうですが、
それはあくまでも他人の目から見た話。


恐らくこの記事を見た方の大半は
11.27-02.jpg

と思ったでしょうが、私自身がこのように咲夜嬢によって
日々狂喜したり悶絶したり苦悩したりすることで、
人生の充実感を得ているのですからそれでいいのです。

こんな私でよろしければ、これからもどうか生暖かく見守っていて下さい。


では最後に…

11.27-03.jpg


咲夜嬢、心の底から愛してるよ


コメント

>(あああああんもうううううう可愛すぎるうううううう…)

分かりますよ そういう感じですよね
「可愛い」と言うことを言いたいんですがもうそんな生易しい(?)言葉ではすまないですよね

>咲夜嬢が一緒に登ってくれたらもっと頑張ったんだけどな~

いやぁ そんなことになったら頂上まで咲夜さんをお姫様だk(ry

この記事は共感することだらけですねぇ~
私も、ハルさんのことを考えると笑みがうかぶだけでなく最近では軽く鳥肌が立つほどになってしまいましたよ(マジ
笑みはヒナさんでも咲夜さんでも他のキャラでもありましたがとうとう鳥肌が立ってしまうほどになりましたよw

まぁ ここでハルさんを語るのは場違いですがねorz

とにかく、いい記事ですねぇ 
こんな考えを持った方がいるというのは周りにそういう系の人がいない私にとってはとっても励みになります
うん ほんと
なのでこれからもよろしくお願いしますorz

コメ返しのとこの
「もしこれを咲夜嬢と勘違いしていたら、会員名簿から除名ものですから。ええ。」
というとこ
・・・頑張りますので見捨てないで下さい。・゜・(ノД`)・゜・。

>>ブラックさん
可愛いの他に言葉が思いつかない語彙の無さがホントに悔しいです。
咲夜嬢のためにも、もう少し語学力を身に着けたいのですが…

流石にお姫様抱っこは体力的に無理があります。
でも、咲夜嬢がどうしてもっていうのなら張り切ってやっちゃいますけどね。

だめだこいつ…早くなんとかしないと

>>きよよん
早く何とかなるんならとっくに何とかしていますよ。
てか、そんなに心配ならきよよんの愛で俺を救って!

>笑っても人生 泣いたって人生
>そんなら笑おう 超ポジで行こう Everyday
>向かっても運命 逃げたって運命
>そんなら向おう 嵐の中Go! Anyway
>落ち込む前に次の一歩 後悔先に立たせファイト

ラジオでも語っておられた通りですね。
私もこの歌詞に救われた者の一人です。

逃げたって人生や運命に逃げ場なんて存在しないんだよ!
なら前に進んで道を開くしかねえ!
たとえその道が嵐でも、突き進めばいつか晴天の空へと抜けるはず!

毎日ポジに笑ってどんな時でも一歩進んで、
そこから先でさらに笑おうじゃないか!

・・・そう気づかせてくれた一曲でした。

>>ナマツさん
いや、逃げ場は最悪な手段としてアレが残っていますけどね。
でも私の中でそれは選択肢にありませんので、
やはり運命には向っていくべきなのですが。

でも、愛すれば愛するほどやっぱり辛くなる時の方が多くなるので、
常にポジティヴに行くのは難しくなっては来ますね。

この前までテストとかいろいろあってコメントが出来なかったことが
もう残念で仕方ないです;

咲夜嬢にそんな使い方があったなんて…
今日の長距離走で同じ事をやれば
もっとタイムがあがったかもしれないのに…

sakusakuらじおは、パソコンの都合で聞けませんでした(ーー;
ホントはものっすごく聞きたかったんですが…

そうか。そういう時に咲夜嬢の顔を浮かべればいいのか。

キャラソンは、買えなかったので借りようと思ったんですが
親にダメと言われて泣く泣くコーナーを通り過ぎるんです
もうyoutubeしかないです;

よしもうこれからもポジティブ思考でがんがん妄想しまくっていこう。
ゆっきゅんの歌が心に染みる今日この頃。

>>ニトロさん
そういえば期末テストのシーズンでしたね。
お疲れ様でした。

使い方って…何だか物扱いされてる感じですが、
まあ、こうやって辛い時や苦しい時などは
咲夜嬢を思い出して、元気になられて下さい。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

take23

Author:take23

こちらでの更新は停止しました。日記はココログにてやっております。

ハヤテのごとく!感想サイト
ニュース・情報サイト
イラストサイト
アニメ感想サイト
ブログ内検索

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。